第93回 「節電の夏、熱中症にご用心!!
熱中症に気をつけましょう
   いよいよ本格的な夏が近づいてきました。今年は、節電により例年よりも暑い夏になりそうです。行き過ぎた節電で熱中症にならないよう、次の5点に気をつけましょう。

@温度に気をくばろう!
 今日行く場所の気温を把握し、暑さに備えましょう。外出時は日陰を歩いたり、日傘や帽子・うちわを携帯したり、ひんやりグッズを持ち歩くと良いでしょう。エアコンを使用しない室内では扇風機を使用したり、打ち水をしたり、すだれや緑のカーテンで直射日光を防ぎましょう。

A飲み物を持ち歩こう!
 のどの渇きを感じた時、すでに脱水症状は進行しています。飲み物を持ち歩き、のどが渇く前にこまめに水分補給しましょう。

B休息をとろう!
 夏に頑張り過ぎは禁物です。疲れている時は熱中症にかかりやすいので、しっかり休息をとるようにしましょう。

C栄養をとろう!
 暑さで食欲がない時は、見た目や香りで食欲を増すための工夫が必要です。酢やフルーツの酸味・香辛料・香味野菜、色鮮やかな夏野菜などを上手に使うと良いでしょう。
D声をかけ合おう!
 周囲への配慮も大切です。家庭やご近所、職場内で、「水分とってる?」「少し休んだほうが良いよ」など、積極的に声をかけ合いましょう。