第90回 「春草のパワー

   車で走っていると、周りの景色も冬とは違う色鮮やかなものへと移り変わりはじめ、春は草花の芽ぶきの時を感じさせます。

古くから私たちの祖先は、四季を通じて、自生している自然のハーブを生活に取り入れて生活していました。春の力強い芽吹きのパワーにあやかり、元気を分けてもらってはいかがでしょう。
ふき
≪春の草花≫
● 蕗(ふき)…フキノトウや葉の部分を食べ、咳止めや痰
                  切の作用があります。
● 菜の花…種子から採取する菜種油は、不飽和脂肪酸
                のリノール酸やオレイン酸を含んでおり、動脈
                硬化の予防などにも効果があるといわれてい
                ます。また菜の花の炒め物は、ビタミンCやミ
                ネラルを多く含んでいるので風邪の予防、美
                肌づくりに効果があります。
うど   ● わらび…古くから山菜として食されてきました。アスパラギ
                   ン酸やグルタミン酸、フラボノイドなどが含まれ、
                   利尿作用や消炎の効果があります。
   ● キャベツ…胃の粘膜を修復し、丈夫にしてくれるビタミン
                     U、消化を助ける硫黄・塩素・ミネラルの他、ビ
                     タミンCを豊富に含んでいます。また、食物繊
                     維も豊富で、便秘などの整腸効果も期待でき
                     ます。
                        ● うど…若い茎は食用になり、育った根は薬用になりま                                           す。ペンアルデヒド、アミノ酸、タンニンを含み関                                           節痛やリウマチの鎮静剤として用いられます。