第81回 「家庭でできる食中毒予防

  日本の夏は「ジメジメ、ムシムシ」が特徴です。
  まるでサウナの中にいるようで、なんとも過ごしにくい季節ですが、食中毒を起こす細菌にとっては、これほど好ましい環境はありません。
  では、食中毒を防ぐために自分でできることは何でしょう?
    ポイントは「菌をつけない・増やさない・殺す」です。
手洗いしましょう

つけない… もともと手には黄色ブドウ球
(洗う)   菌などの悪い菌がいます。調
           理の前後や食事前には、必ず
           手を洗いましょう。一分間石
           鹸を十分に泡
立てて洗います。
           魚は流水で十分に洗ってから
           調理しましょう。肉、魚を調
           理したときは、包丁、まな板
           などをよく洗い、83℃以上の
           熱湯をかければ安心です。
      布巾を使った後は熱湯消毒す
           ると良いでしょう。

増やさない…冷蔵庫は5℃以下、冷凍庫はマイナス5℃以
(保存する)  下に設定して開閉の
回数を減らし、庫内の
            温度が上がらないようにしましょう。
      重要なのは冷蔵庫を過信しないこと。冷蔵
            ・冷凍しても菌の活動を休止させるだけで
            死滅させるわけではありません。時間がた
            ったものは処分することです。また、冷蔵
            庫の詰め過ぎは庫内の温度を上げてしまい
            ます。
      食品の買い置きも最小限にとどめましょう。

お腹が痛い

殺 す … ほとんどの細菌は熱に弱い
(加熱する)ので、十分に加熱して食べ
           ることが基(加熱する)本で
           す。
      肉や魚介類は、中心まで火
           が通るのに75℃以上で1分間
           は必要ですし、肉は肉汁が透
                          明になるまでというのも目安
                          の一つです。ゆで卵は半熟
                          は避けましょう。お弁当を
                          作るときは、おかずに十分
                          火を通して、完全に冷まし
                          汁気を切ってからつめまし
                          ょう。