第80回 「脱水にご注意を!

                ビールで乾杯私たちのからだは約60%が水分です。食物・飲
 料水などから水分を体内に取り込み、尿や汗など
 により水分を排泄することで、体内の水分バラン
 スを調節しています。脱水とは、体内の水分バラ
 ンスがくずれて水分が不足した状態をいい、嘔吐
 ・下痢・利尿薬の使用、運動や暑さなどによる多
量の発汗などが原因としてあげられます。

   では、脱水になるとどうなるのでしょう?身体が水分不足になると筋肉のみならず、頭痛やめまい、吐き気など体調に変化が現れてきます。
スポーツドリンク
筋肉が疲労して、けいれんを起こす
のどの渇きから倦怠感(疲れたと感じること)
  を生じる
頭痛、めまい、吐き気、大量の発汗などが起こ
  る
さらにひどくなると意識を失う

コーク    のどの渇きは脱水が始まっている証拠。でも、
 渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感
 じる前に水分を摂ることが大事です。水分が不足
 しやすい、「就寝の前後」「スポーツの前後・途
 中」「入浴の前後」などには意識的に水分を摂る
      ように、日頃から心掛けましょう。特に、きつい
運動を比較的長く行った時には脱水症におちいりやすく
なります。汗には水分だけでなく塩分などの電解質も含
まれているので、大量に汗をかいた時には、電解質も入
っているスポーツドリンクなどでの水分補給もいいでし
ょう。しかし、糖分も含むスポーツドリンクは取り過ぎ
ると血糖値が上がり過ぎるなどの弊害もあります、ほど
ほどにしましょう。また、アルコールや多量のカフェイ
ンを含む飲料は、尿の量を増やし体内の水分を排泄して
しまうので気を付けてください。