第64回 「自分でできる花粉症対策

   立春を過ぎれば、暦の上ではもう春です。春の訪れを感じて心がウキウキする方とは反対に、花粉症シーズンの到来で日ごとに憂うつさが増している方も多いのではないでしょうか。昨年12月の環境省の発表によると、2009年の中国地方の花粉総飛散量は例年より多く、2008年と比べても23倍に増加し、飛散開始も12週間早くなると予測されています。

   日本人の約5人に1人がスギ花粉症ではないかと推測され、低年齢化も進み、今や国民病とも言える深刻な状況です。発症する原因ははっきり証明されてはいないので、今まで花粉症の症状がなかったから今年も大丈夫!とは言い切れません。ある日突然花粉症の症状が出てもあわてないように、今回は生活上の注意点やセルフケアをご紹介します。
花粉にはマスクで対策!
     花粉が多く飛ぶのは、@晴れて気温が高い
  日A乾燥して風が強い日B雨の日の翌日で晴
  れた日C気温が上昇する正午から午後
3時頃
  D気温が下がってくる夕方です。このような
  日や時間帯は、出来るだけ外出を控えること
  です。仕事などで外出しなければならない場
  合は、マスクや眼鏡、帽子を着用しましょ
  う。また、心身の疲れはアレルギー症状が出るきっかけとなったり、症状を悪化させたりしやすいという指摘もあります。睡眠を十分にとってストレスを解消し、バランスの良い食事に心がけ、体調を崩さないように注意しましょう。

  花粉に触れない・つけない・持ち込まないことがセルフケアの基本です。テレビや新聞などで花粉症情報をチェックし、早めに対策をして少しでも症状をやわらげて、この季節を乗り切りましょう。