第61回 「更年期 自分次第で 幸年期

 更年期には更年期障害が起こるものと思ってはいませんか? あまり明るいイメージはないようですが、この二つが必ずセットかというとそうではなく、症状の有無も現れ方も、その時期も人それぞれです。

頭痛     更年期は女性ホルモンと関係が深いことはご存じ
  でしょう。更年期は閉経前後の
5(合わせると10
  間
)くらいと言われます。このため閉経後は更年期
  とわかりますが閉経前は気づきにくく、自分の体や
  心が思うようにならない不安やイライラが、「あれ
  は更年期だったのか」と後になって思いあたること
  もあるようです。更年期にみられる症状(下表参
  照)は、女性ホルモンの減少により自律神経の失調
  のために起こります  。骨粗しょう症や高脂質血症なども起こりやすくなるので「更年期だから」と放っておかず、専門医を一度受診してみては?更年期と楽に付き合うきっかけになることもありますよ。幸年期

   更年期を迎える頃は、自分の体や心と向き合うこと
で見えてくるものも多いのではないでしょうか。人生
の一山二山越え、自分の越し方行く末を見渡せる時期
ともいえるでしょう。それは人生の「幸」探しにもつ
ながります。もしかすると更年期というのは自分なり
の幸せをみつめなおす時期、
幸年期かもしれませんよ。



        ≪更年期障害の主な症状≫

         1.顔がほてる
 
         2.汗をかきやすい
 
         3.腰や手足が冷えやすい
 
         4.息切れ、動悸がする
 
         5.寝つきが悪い、眠りが浅い
 
         6.怒りやすく、イライラする
 
         7.くよくよしたり、憂うつになる
 
         8.頭痛、めまい、吐き気がよくある
 
         9.疲れやすい
         10
.肩こり、腰痛、手足の痛みがある