第56回 「梅雨の汗対策

   ジメジメした梅雨の時期は、気温や湿度が高く、肌のべたつきや汗がとても気になります。「若い時と比べて汗がにおうような気がする。」そう思うあなた。それは気のせいばかりではないようです。

  汗かき                       汗は皮膚にある汗腺と呼ばれる器官から分
  泌される分泌物であり、体温調節や皮膚の乾
  燥を防ぐなどの役割を担っています。健康な
  汗腺では、汗ににおいもべたつきもほとんど
  ありません。しかし汗腺の働きが弱まってい
  る場合は、ベタベタしていて蒸発しにくい汗
  となり、
体温調節機能がうまく行われませ
  ん。さらに
皮膚の表面に付着した雑菌が繁殖
  しやすいため
「におう汗」になってしまうの
               です。このにおう汗の大きな原因の一つに、エアコン完備の生活があげられます。汗をかかなくてもよい生活を続けていると、汗腺は本来の働きを忘れて機能低下を起こし、におう汗になるばかりか身体の生理機能が狂い、体調不良に陥りやすいのです。

   汗のにおいをなくすには、汗腺の働きを正常にする必要があります。そのために、発汗を促し手足お風呂は気持ちいい〜
の血行をよくするウォーキングやスト
レッチなどの有酸素運動をしましょう。入浴もシャワーだけで終わらせず湯船
につかって汗をかくと、その日の疲労
物質を出してくれます。そして冷房の
温度も外の気温のマイナス
5度までに
設定する習慣をつけましょう。またこ
の時期の食事は、さっぱりしたものになりがちですが、身体の原動力となるたんぱく質を摂ることも忘れずに。

    汗は健康のバロメーターとも言われます。健康で潤いのある肌を保つため、汗対策のポイントを押さえてゆううつな梅雨を乗りきりましょう!