第54回 「春の日差しに誘われて

   春は新しいことを始めるにはもってこいの季節です。そんな気持ちを湧き立たせてくれる脇役が春には事欠きません。足元のやわらかい青草から徐々に視線を上げるとタンポポ・スミレ・チューリップ・ヤマツツジ・・・そして、視界いっぱいに広がるサクラ。景色がパステルカラーにそまると、気持ちまでうきうきしてくるものです。

      

   気持ちが浮き立てば、体にも何かしらの効果があるはず。そんな効果を期待して、いつもより少し遠くへ出かけてみませんか?歩くもよし、自転車に乗るもよし、大目にみて自動車でもよし。手段はどうあれ、まずは外へ出かけてみましょう。歩きや自転車なら、道端の小さな春を見つけやすいでしょう。自動車ならどこかで降りて、さわやかな空気うららかな陽気を感じながら気ままにぶらぶら歩きを楽しみましょう。そして五感を気持ちよく刺激されるなか、新鮮な空気をたくさん吸い込んで、自分の体具合も感じながら歩いてみましょう。

  よく「前を見て、胸を張り、腕を大きく振って、歩幅を大きくとり、膝を伸ばして、速く歩く」というのが正しいウォーキング方法と言われますが、一番大切なのは「歩く事を楽しむ」ことではないでしょうか?なにか目標を持つことも大切ですが、行動そのものを楽しむことが心を気持ちよくしてくれるはずです。
    一年の計は元旦にありとは言うものの、何かを始めたくなるのが春 4月。手始めに外の空気を吸いに出かけてみませんか?