第36回 「8月10日、今日は何の日?
    


  1年365日、うるう年は366日ありますが、3月3日が耳の日とか11月22日がいい夫婦の日とか、いろいろな語呂合わせの日がありますよね。8月10はみなさん何の日かご存知でしょうか。自分の誕生日の方もおられるかもしれませんが、この日は国民皆泳の日、帽子の日、道の日、宿の日など記念日が多いです。中でも「ハー(8)ト(10)」の語呂合わせから、日本心臓財団と厚生省(現厚生労働省)が1985(昭和60)年のこの日に同財団の創立15周年を記念して健康ハートの日が制定されました。21世紀の明るい健康運動になるように提唱したのが始まりです。夏の間に心と体をチェックして、心臓病の多発する冬に備える日とされています。

 心臓病は、ガン、脳血管疾患と並ぶ「三大死因」の一つです。今、内臓肥満型症候群(メタボリックシンドローム)が新聞や雑誌等にぎわしていますが、これは内臓脂肪による肥満の人が、「高血糖」「高血圧」「高脂血」といった生活習慣病の危険因子を併せもっている状態。自覚症状はないものの、これらが複数重なることによって互いに影響しあい、動脈硬化を飛躍的に進め、放っておくと脳卒中、心筋梗塞、糖尿病に進行する危険が高まるのです。厚生労働省の発表によると、成人の有病者数は約1,300万人!予備軍も約1,400万人!40〜74歳に限ると、男性は2人に1人、女性は5人に1人が有病者もしくは予備軍に該当するのです。
幸せ家族
  日常のちょっとした心がけで、内臓脂肪は減らせます。自ら心臓病などのの危険因子を作るのではなく、まずは日々の生活を見直してみてはいかがですか?