第21回 春眠暁を覚えず〜健康な睡眠〜
    
   春眠暁を覚えず」というように、まだまだ布団からはい出るのがつらい季節です。その一方で、年代に関わりなく眠れない・寝つきが悪いといった睡眠に関する困り事を抱えている方も少なくないようです。
あくびをする女性
昨年3月に厚生労働省から「健康づくりのための睡眠指針〜快適な睡眠のための7箇条〜」
(下記 部分抜粋)が出されました。新聞にも取り上げられていたので、ご覧になった方も多いことでしょう。社会の24時間化が進み睡眠に関する問題や睡眠の大切さが注目されています。このように睡眠の重要性が見直されているのも、睡眠は単に体を休ませるだけではなく、体とともに心(精神)・脳も休ませ癒すものでもあるからです。

例えば脳は眠っている間に様々な記憶の整理やホルモン・免疫物質を分泌します。眠ることで体や心を休ませるのはもちろん、体を調整し必要な回復・増強をしているのです。忙しいと寝る間も惜しんで物事を進めようとしてしまいますが、ここは急がば回れ。健康と能率を考えると案外寝たほうが早道の場合もあるかもしれませんよ。ゆめゆめ、睡眠を侮ることなかれ。


                            健康づくりのための睡眠指針

                          〜快適な睡眠のための7箇条〜

                       1.快適な睡眠でいきいき健康生活
                       2.睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが
                          快適な睡眠のバロメーター
                       3.快適な睡眠は、自ら創り出す
                       4.眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうと
                            する意気込みが頭をさえさせる

                       5.目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計
                            をスイッチオン

                       6. 午後の眠気をやり過ごす
                       7.睡眠障害は専門家に相談