第105回 「悩まないで、夜間頻尿


○夜間頻尿とは
・夜間睡眠中に排尿のために1回以上起きなければならず困っている状態をいいます。頻尿
・40歳以上から多くなっていき、多くの高齢者を悩ませ
る代表的な症状です。

年齢を積み重ねていけば、身体の機能は低下して
夜間頻尿等の現象は増えていきます。主な原因は
「過活動膀胱」や「前立腺肥大症」などです。また、
病気にかかっていない場合でも、食事に塩分などが
多く、喉が乾きやすくなり結果的に多量の水分を摂
取して頻尿につながる場合や、コーヒーやお茶など
のカフェインが持つ利尿作用が影響して夜間頻尿に
つながったりもします。単に必要以上の水分補給も
もちろん原因になり得ます。

*過活動膀胱
 膀胱に尿がまだ溜められるのに「膀胱が勝手に収縮し、尿意を我慢できなくなる」ものです。対策として、まずは水分コントロールをして適正な尿量にする、あまり早めにトイレに行かず、尿意を我慢するなど膀胱訓練をすると症状を改善することができます。
*前立腺肥大症
男性の場合、多くの夜間頻尿は前立腺肥大症によるものです。前立腺の上側は膀胱に隣接しており肥大すると膀胱を圧迫するため、頻尿の原因になります。前立腺は加齢とともに肥大しますが、50歳以上になると約2割の方に前立腺肥大症が認められます。

夜間頻尿が原因で睡眠不足になり、疲れが残ったり注意力が著しく下がったり、ストレスを感じやすくなります。
また免疫力も低くなるので、別の病気を引き起こす原因にもなり得るなど、様々な悪循環を及ぼします。
水分摂取量を調節したり食事の工夫をしてもなお夜間頻尿がひどい場合は、原因をきちんと把握し症状に合わせて適切な対応を行うことが大切です。一人で悩まずに病院に相談することをおすすめします。