厚生連って

JA島根厚生連の沿革あゆみ組織・機構所在地、そして私たちキャラクターについてご紹介します。


沿革
(写真)活動当初の健診風景
 JA島根厚生連は、昭和56年に県内の組合員の皆様から強い要望を受け、農協法に基づき設立されました。以来、JAグループ島根の健康づくり活動を続けて参りましたが、お陰様で平成13年10月をもって20周年を無事迎えることができました。これも、ひとえに会員・関係機関の皆様方のご支援・ご協力の賜物であり、深く感謝申し上げます。

 JAにおける健康管理活動の歴史は古く、戦前の産業組合時代に医療活動として取り組まれており、その発祥の地は我が島根県です。青原村(現在の鹿足郡日原町)の大庭政世(おおばまさよ)組合長が産業組合としては初めて診療所を設立したことに始まります。大庭組合長の「農家の健康を守る」という熱い思いが、農協運動として引き継がれ、現在ではJA・厚生連の事業活動として全国に拡がっています。

 島根県においても農家組合員・地域住民の生活を豊にすべく、巡回健診をはじめとして健康づくり活動に幅広く取り組んでいます。

このページのTopへ


あゆみ

昭和56年10月  島根県厚生農業協同組合連合会 設立
 (松江市内中原町 城南ビル内)
57年04月  健診活動開始(組合員・役職員対象)
59年11月  胸部X線車導入
60年04月  電算機によるデータ処理を開始
60年06月  コープビル(松江市千鳥町)に事務所を移転
平成元年04月  血液生化学オートアナライザー導入 写真(コープビル:事務所)
2年04月  行政受託健診に取り組み
3年03月  衛生検査所を開設
3年04月  頸肩腕・VDT検診を開始
3年11月  腹部超音波検診を開始
4年11月  X線自動現像機導入
5年10月  血液生化学オートアナライザー新機種導入
6年04月  衛生検査所にて血液検査を全量実施 写真(検査風景)
7年07月  骨粗鬆症検診を開始
7年10月  循環器健診車導入
8年10月  胸部X線車更新
9年04月  地域保健法全面施行
 厚生連の行政受託増加
10年04月  前立腺検査を開始
11年02月  ペプシノゲン検査を開始
14年04月  新健診情報システム稼働
14年04月  肝炎検査を開始
16年04月  デジタル眼底カメラ導入
17年04月  人間ドック車、胃・胸部X線車(DR車)導入
 フルデジタル超音波診断装置(エコー)導入
17年06月  胃がん検診を開始
17年09月  巡回人間ドックを開始
18年05月  肺がん検診を開始
このページのTopへ
組織・機構

■名称 島根県厚生農業協同組合連合会
(財)島根成人病予防会島根県支部
■設立年月日 昭和56年10月27日 設立
■事業の種類 農業協同組合法に基づく「保健」「医療」に関する事業
●生活習慣病健診写真(健診風景)
●事業所健診
●巡回人間ドック
●大腸がん検診
●ペプシノゲン検査
●前立腺検査(PSA検査)
●肝炎検査
●腹部超音波検診
●骨粗鬆症検診
●胃がん検診
●VDT・頸肩腕検診
●健康教育/増進活動 等

■組織図


組織図参考:JA全中「JAファクトブック2004」
このページのTopへ
所在地

■所在地

島根県松江市千鳥町15番地
コープビル2階
所在地地図
このページのTopへ
キャラクター

 平成13年10月に創立20周年を迎えたことを機に誕生したマスコットキャラクターの名称を、県内JA広報誌や日本農業新聞等にて募集をおこない、その中からそれぞれ決定しました。

 母親である「みらい」は、未来永劫に皆様の健康を応援していきたいとの意欲の表れと、イラストのイメージにもあるように本会が未来に向かって飛躍(ジャンプ)したいとの願いを込めています。

 母親の袋に入っている可愛い子供「マモルー」は、厚生連の事業から心と体の健康を守るという事で、カンガルーの「ルー」をつけて呼びやすくしました。 

 ふたり合わせて「みらいをマモルー」というのも本会のイメージにぴったりだと自負しています。
 これからも、どうぞよろしくお願いします。
厚生連キャラクター みらい と マモルー
このページのTopへ