人間ドック

 近年、健康意識の高揚にともない、個別の健診だけでなく、総合的に検査する「人間ドック」の需要が高まっています。こうした状況を踏まえ、これまで行ってきた健診活動に加えて組合員・地域住民の方へ質の高い保健医療サービスを提供するため「巡回人間ドック」という画期的な方法で、人間ドックの機会を提供しています。
  島根県内のJA組合員組織、集落、地域、職場等で受診希望がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
■人間ドック
■人間ドックの検査
■人間ドック情報システム



人間ドック

  車体の一部を拡張することにより、診察室、心電図室などのスペースを確保する人間ドック車と胃・胸部検診車の2台の車を連結しワンフロア化することで車内とは感じさせない快適な空間でドックを受診していただくことができます。
  また、搭載している検査機器もフルデジタル超音波診断装置やデジタルX線システムをはじめ最新鋭のものを装備しています。

ドックの内容 写真(巡回人間ドック車)
■問診・血圧測定
■身体計測
■X線検査(胃・胸部)
■腹部エコー検査
■心電図検査
■眼底・眼圧検査
■視力・聴力検査
■骨密度測定
■血液一般検査
■血液生化学検査
■免疫血清検査
■尿検査
■便潜血検査
■内科診察
〜巡回人間ドックの特徴〜

■ドック専用車両がお近くまで伺います。
■最新機器により精度の高い診断を行います。
■時間予約制のため短時間(約1時間)で受診できます。
■約4週間後に結果報告会を開催します。
■ご利用いただきやすい料金(税込 25,000円)です。
このページのTopへ



ドックの検査項目

 集団健診ではオプション検査となる腹部エコー検査等の検査が、人間ドックでは標準の検査となっています。また、デジタルX線システム等の最新機器による精度の高い検査と診断が可能となっています。

写真(X線検査読影)


写真(腹部超音波検診)

写真(心電図検査)

写真(眼底・眼圧検査)


写真(骨粗鬆症検診)

写真(血液検査)


■X線検査(胃・胸部)
 胃部X線検査では胃や十二指腸の疾患を見つけることができます。また、胸部X線検査では肺や心臓、さらに左右の肺にある縦隔などの病気を発見する手がかりを見つけることができます。

■腹部エコー検査
 上腹部の臓器(肝臓・胆のう・腎臓・膵臓・脾臓)を対象に超音波検査を行い、胆石や慢性肝炎などの病気を早期に発見します

■心電図検査
 心電図検査では心臓の動きを電気的な波形に現して記録し、心臓の動きを把握します。心電図は不整脈や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心肥大などの診断に役立ちます。

■眼底・眼圧検査
 眼底検査では眼底の動静脈の変化から、動脈硬化や高血圧による血管の変化を見ます。
  眼圧検査では緑内障等の疾患の早期発見に役立ちます。

■骨密度検査
 骨粗鬆症は骨密度(一定の体積あたりの骨量)を測定する簡単な検査でチェックできます。厚生連では超音波を使い踵(かかと)の骨量を測定しますので、痛みも被爆の心配も無く、短時間で測定できます。

■免疫血清検査
 HBs抗原・HCV抗体・・・ウイルス性肝炎に感染していないかどうかを検査します。
  リュウマチ反応・・・間接リュウマチ、膠原病などの疾患の有無を調べます。
  CRP・・・感染症や急性の炎症などを起こしていないかを調べます。
  TSH・・・甲状腺の疾患の有無を調べます。
  PSA・・・前立腺の疾患の有無を調べます。
  ペプシノゲン・・・胃の健康度をチェックします。

このページのTopへ



人間ドック情報システム

 巡回人間ドックの開始に伴い、人間ドック及び胃がん検診専用の情報システムを開発しました。このシステムの導入により、厚生連独自のOCRカルテを活用した人間ドック及び胃がん検診専用の情報管理体制を整備し、迅速な結果報告等、利用者のニーズに対応しています。
写真(ドック情報処理システム)

このページのTopへ