ヘリカルCT検診
写真(CT検診車)
 現在「肺がん」はがんで亡くなる方の原因として男性では第1位、女性は第2位となっています。肺がんは今後も増加すると予想されております。
  他のがんに比べて肺がん患者の予後が著しく悪いのは、早期診断が遅れることが大きな要因の一つであり、早期発見・早期治療が重要となります。
 そこで厚生連では極めて早期の肺がんまで発見することができる精度の高いCT検診を巡回検診車で実施することにしました。巡回によるCT検診は山陰地区では初めての取り組みとなります。40人程度まとまれば、実施が可能ですので是非集団での受診をご検討下さい。



CT検診の特徴
写真(CT撮影装置)
 今回導入した最新鋭のマルチスライスヘリカルCT装置
    「日立Multislice CT-ECROS」は最新技術により高画質
    できれいな画像が得られ、従来のCT装置に比べて撮影
  時間が短く被爆量を抑えた受診者にやさしい機能を揃え
    ています。

 通常200ボルトの電源を必要としますが、検診車に自家発電機を搭載していますの
    で、電源供給不可能地域でも検診を実施することができます。
 高精細・高輝度な画質により、5o程度の極めて早期の肺がんまで発見することがで
    き、正確な画像診断が可能です。(肺がんの発見率はX線検査の約10倍と言われて
    います。
  最近増えているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)という肺の病気の原因となる肺気腫も見
    つかります。
このページのTopへ



CTの検査方法
写真(CT装置) 
  検査前に、ネックレスやボタン等は必ず外して下さい。
  検査は、撮影台に仰向けに寝て、腕を上げ、万歳のよう
     な姿勢をとって頂きます。
  約15秒の息止めを行い撮影します。
  検査時間は準備も含めて5分程度です。
このページのTopへ



CT検査の注意事項
写真(CT検診車)
 妊娠の可能性のある方は検査ができません。
     (胎児に影響を及ぼす可能性があるため)
  ペースメーカーをつけている方は検査ができません。
このページのTopへ



CT検診をお勧めする方は?
写真(CT検診車)
  タバコを現在吸っている方や以前吸っていた方
  咳、痰などが続く方
  がんにかかった家族をお持ちの方
  肺の病気にかかった家族、親戚をお持ちの方
  40才以上の方
このページのTopへ



CT検診をお勧めする方は?
従来の画像                                 マルチヘリカルCT画像
写真(従来のX線写真)                 写真(CTによるX線写真)
                 
                 
このページのTopへ



CT検診をお勧めする方は?
5,500円(税込み) 
                 
このページのTopへ